スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ48号★やまだのおやじ

アンコとタイころでTYPE-MOONが2つかぶっちゃったな・・・持ち帰り!ジャンプはそういうのもあるのか(や「たわごとはそのへんにしといてください」)。


・ぬらりひょん
1・ここまできて『真っ暗でよく見えねーぞぉ』はあんまりだと思う。

2・四国の妖怪なのに訛りがない。

3・>代々続く四国の大妖怪
『だい』が3つかぶ(や「しつこい」)

4>とんだ・・・狸だ。
四国で狸といえばこいつですね。
まんじゅうもあります。

>ワンピ
フキ出しに小さく『ボソ』を付けることで小声とかヒソヒソ話を表現している事に10年以上読み続けて初めて気がついた。

1・>覇王色の覇気
ここからわかる事。
い・会場で気絶しなかった人たちは全員『纏』と『凝』を常時使っている。
ろ・覇気の系統は水見式とか使わないでも色でわかる。
は・覇王色の特徴:絶対遵守の王の力(や「最悪でござる。あと蛇姫様は『誰からも愛される覇王色。』だと思うでござる。」)

2・まとめると、ルフィは50巻越えでようやく天空闘技場に辿り着いた、と。


・ブリーチ
1・弐撃決殺の雀蜂。説明してたら虚閃で逃げられた。多分、2撃目は説明してからでないと効果がないとかの制約があるんだろう。夜一さんの時も説明してたし。


2・最初出てきたときは『なんで一撃必殺にしないんだろう・・・?』って疑問が当然のようにあったわけで。でもよくよく考えたらスーカーレットニードルなんか15撃必殺だ(途中、痛くて死ぬ人もいるけど)。この間に降伏か死か選ばせる慈悲深さに比べたら2撃ってむしろ余裕がない。

3・>『五形頭』
卍解して100連発とか大型隕石級のを直撃とかでないと・・・ちょっと見た目弱くね?それともなにかしらマイナスのステータス変化があるとか。五感のすべてを失う、とか(や「えげつなさすぎるでござる!!」)。

・銀魂
『先に裏切らせて返り討ちにする』
コンセプトは素晴らしいけど両方が同じことを考えてて自縄自縛。
あげく鍵の紛失・・・。
つか、今回の事件そのものが真選組の仕組んだドッキリかなんかじゃないかと。

・いぬまる
絶対どこかバランスおかしいよこのゲーム(笑)
つか、これ作ったの絶対ゲルファン作ったメーカだ(笑)。


・アスクレピオス
眼鏡が人の命を救いました。最初の内は説明セリフがウザいだけのマンガだったけどちょっとずつ面白くなってきましたよ!?

・アイシールド
60ヤードマグナムが決まったら泣く。外しても泣く。(や「キッカーの重要さが語られる割に作品内では活躍が省略されてる事が多いですもんね。」)

・とらぶる
クローゼットから天井裏に引っ越し完了。・・・ドラえもんからハットリくんにクラスチェンジ?
それにしても三角関係をやわらかく描くなぁ。なんかほんわかする。

・ハンター
モラウほぼ無力化。武器の出し入れ不能の操作系能力者の泣き所ですな。
・・・ここではじめてモラウが操作系って分った?見ればわかる?そうですか。

・バクマン
1・さっきとらぶるでほんわかしたとおもったらこっちは血と暴力の三角関係(笑)。シュージン見事な真中っぷり(や「それは言い過ぎでござる」)。

2・もう賞がどうとか言ってられねぇ、こうなったらいきなり連載だ!!みたいな流れになってきた。
俺が知ってる限りの過去の例だとボーボボとバスタードぐらいじゃね?読切のクッションはあったけど。

・ヘタッピマンガ研究所R
女の子の描き方2?身体の描き方?
前回に引き続きゴッドオブ(略)
・・・いろいろ言いたいことがあるんだけど、技術論がなさすぎて言葉にできない。
ただただ頬がゆるむ(や「キモい。」)

・ネウロ
復讐に我を忘れて足元がお留守になった、と書けば一言だけどこれはもうしょうがないよ。
ここまでのレベルがハンパなく高かったよ。でも笹塚さんならまだ1、2手は残してそうな予感もある。

・ジャガー
弁償させろ(笑)


スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ感想
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログが密集状態で入っていけなくなってえらいところで止まってます。
全部消えなかったのが不幸中の幸いです。

やっとFC2が動き出したのでとりあえず文章になるところまで更新。
プロフィール

★船長★

Author:★船長★
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。