スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料

初版本。
背表紙に「1」ってついてない。
確か本屋で5巻か6巻ぐらいまで見かけたので人気が出て続刊になったっぽい。


しぶとい商売人ファンタジー?
毛皮卸しとか仕入とか、旧貨幣の買占めとか、専門でこれと決まったブツの扱いじゃなくて、
手持ちの範囲でのひとり総合商社みたいな行商人のありかたがなんか面白かった。
続巻では流通整えようとする奴とか出てきそう(そうか?)。

でも早い段階でホロ様が出てこなかったら途中で読むの止めてたかも(最悪)。

あと、読むのに時間かかった。2時間半ぐらい。
為替の説明を理解するのに5回ぐらい読み返したり(頭悪い)。



---------------------------------------------
後輩様へ。
まずは面白かった。とても面白かった。
さて、つぎは噂の朝鮮妖術か・・・。



スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

★船長★

Author:★船長★
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。