スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイト

ダークナイト (Blu-ray Disc)ダークナイト (Blu-ray Disc)
(2008/12/10)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る

ダークナイト 特別版ダークナイト 特別版
(2008/12/10)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る

これの為だけにでもブルーレイ本体買っちゃおうかな、みたいな。

------------------------------------

公開の数日前に『バットマン ビギンズ』をテレビで観て、酔って自宅を焼いた大富豪に興味を持ち(や「・・・ラストの方だけ観たってわけじゃないですよね?」)続きが気になって劇場に行ってきた。
なにせ前に劇場で観た映画が1年以上前の新エヴァだけなのであれそれと比べてどうとか言えないけど全体、えらいハイクオリティーだった。自宅も割と建て直せててよかった(や「そこか。」)

ビギンズのラストの伏線、次回作がつくられるかどうかわからないけどとりあえず予告、って感じだったジョーカー様満を持して登場。カネとかモノに縛られないタイプの悪役としては究極形みたいなやつなんだぜ。カネは盗る事に意義がある、みたいな。こういうシチュエーションの物語が観たいから自分で舞台をつくっちゃえ!!そして鑑賞、みたいな。あとはもう、ジョーカーVSレクターとか作ってもらうしか(や「ヒース・レジャーがお亡くなりになっているので無理です。」)

そんなジョーカーに立ち向かうのが我らが自警市民バットマン。字にするとえらいカッコ悪い。劇場で字幕を見てもやっぱりカッコ悪かった。多分、英語の語感もカッコ良くないと思われる。そんなこんなでゴっサムの市民からは生温く感謝され、警察からは他の犯罪者と十把一絡げ扱い。ついたあだ名が『自警市民』。ダサ。このあたりの、序盤でいきなり主役のテンションが低いのは『スパーダーマン2』みたいな感じだけど、あっちがマスクを捨てちゃったのに対してこっちは身近な人たちが止めれば止めるほど意地になる。結果としてバットマンと同じく演出重視の悪党、ジョーカーが湧いて出るきっかけになってしまう。

ジョ「お前さえいなければ俺はただのコソ泥だったんだにゃ。つか、逆に俺みたいなのがいなきゃ、お前の存在価値無くね?」

心の折れるバットマン。もういい、バットマンやめる!あとは警察にまかせる!みたいな。で、心が折れてからもラストまで展開5転6転。とりあえずゴードン警部とハービィ検事は町の悪党を捕まえるより不良警官とか身内に金のかかる病人のいる警官とかの始末を先にやるべきだったな、と。








バレ
なにかと報われないないラストだけど、ゴードン警部の息子や町の子供たちにとってバットマンは紛れもなく正義のヒーローであるということがほとんど唯一の救いだった。涙出た。
スポンサーサイト

テーマ : ダークナイト(The Dark Knight)
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

★船長★

Author:★船長★
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。